ルイ・ヴィトンなどハイブランドの値段が高騰する理由について

1.円安・ユーロ高が大きく影響している

ルイ・ヴィトンやシャネル、グッチ、カルティエやアルマーニなど高級ブランドの商品は日本国内でも非常に高い人気を持っています。
しかし近年ルイ・ヴィトンをはじめとしたハイブランド品の商品が全体的に値上げが行われて価格が高騰している傾向にあります。

なぜ価格が高騰してしまうのか、情報をきちんと調べておくことで欲しい商品を納得して購入することが出来るようになるので、出来るだけ事前に値上げ情報などをチェックしておく必要があります。

近年日本国内のハイブランド商品の値上げが行われている理由の一つが、円安・ユーロ高が大きく影響しているとされます。
海外高級ブランドは原材料や製造は欧州圏で行われている品がほとんどだとされているので、国内への仕入れ値が円安ユーロ高によって高騰してしまったことが直接的な原因と言われています。

また近年日本への海外旅行にいく欧州圏の観光客が非常に多くなったことから、日本国内でのブランド品が非常に割り安になってしまうことを防ぐことも狙いだと言われているのです。

円安とユーロ高の状況が続くと、外国人の多くは高級ブランドの商品は日本で購入したほうがずっと安くてお得という状況が続いてしまっており、海外からの転売目的の仕入れが非常に多くなってしまったり、ブランドイメージを残ってしまうデメリットがあると言われているのです。

2.買い取り市場に対してどういう影響を与えるのか?

今回のトラブルが起こってしまった原因は製造元を置いている高級ブランドが、直接為替の影響を受けやすいことが悪影響を与えてしまいました。
このようにルイ・ヴィトンをはじめとしたハイブランド商品の値上げが行われると、非常に注目されやすくなるのが買い取り市場への影響だとされています。

大手のブランド買い取り専門店や、宅配買取サービスは軒並み会社の株価上昇に期待する投資家も増えてきているなど、新品の値段が値上げされると同時に中古への需要は非常に高くなる傾向にあります。

値上げが行われるということは自然に買い取り市場での買い取り金額も同様に反映されるようになります。
特に顕著に値上げが起こったとされているシャネルの定番商品の一つである「マトラッセチェーンショルダー」は値上げの対象となっているので、値上げ前に購入する際には定価が57万円程度だとされます。

数多くの高級ブランドの中でも特に高額な商品に分類され、長年定番商品として非常に高い人気がありました。
今回値上げされたことにより約6%ほど価格が上昇したことから4万~5万円は値上げがされたと言われています。

そのことから同時に買取市場でも相場が自然に上昇し、買い取りの場合は約半分の2~3万円アップになるなど中古相場が高騰していることがわかります。

3.リユース業界は影響も受けるが恩恵も同時に得られるチャンス

ブランドによっては新しいモデルの商品であれば、中古商品の価値は古い物であればあるほど価格が下がってしまう特徴がありますが、このマトラッセチェーンショルダーは数十年マイナーチェンジを行った程度で、外観はほぼ変わっていません。

そのことから新しいモデル以外の古いタイプのマトラッセチェーンショルダーであっても買い取り相場は高くなるので、これから古いモデルを持っている方でも割高で買い取りをしてもらえるチャンスでもあるのです。

このように高級ブランドの値上げによって一番影響を受けるのが、このようにリユース業界がだとされ、恩恵も同時に得られるチャンスでもあります。
ルイ・ヴィトンのバッグなどは数十年前は今の販売価格に対して、約半額以下だった商品も少なくないと言われています。

例に出したマトラッセチェーンショルダーは今から約30年前では、定価で20万円程度で購入することが出来ました。
そのため古い中古アイテムであっても非常に状態が良いものであれば、当時の販売価格から相場は落ちていない傾向になります。